【テレワーク実践ノウハウ】テレワークにおけるポイント/必要なもの/便利グッズを紹介

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちわ!やすけ(@yasukecom)です。

2020年4月、新型コロナウィルスの感染拡大による非常事態宣言が発出されました。サラリーマンのみなさんは、テレワーク、リモートワークを余儀なくされています。

いざテレワークを!と言われても、初めてのことで何から手をつければいいのか、どんなものを準備すればいいのか、悩む方も多いと思います。

この記事では、実際にテレワークを実施してみてわかった、テレワークを実施するうえでのポイントや、準備しておくとよいものなどをご紹介します。

スポンサーリンク

テレワークとは

テレワークを英語にするとteleworkです。
その意味は、会社に出勤せず離れた(tele)場所で働く(work)ことを指します。

在宅勤務や、リモートワークと呼ばれることもありますね。

働き方改革や、東京オリンピックの開催に向けて、テレワークの準備を進める企業が増えていました。

そんな中、2020年4月の新型コロナウイルスの感染拡大により発出された緊急事態宣言により、一気にテレワークが広まっています。

もし、オリンピックやコロナウイルスショックがなかったら、ここまでテレワーク文化は進まなかったと思います。

テレワーク実施のポイント

実際にテレワークをやってみて、以下の点を意識すると、スムーズな業務遂行ができたので、ご紹介します。

開始時間を決める

まず開始時間を決めることです。それも、毎日同じ時間に設定することをオススメします。

テレワークは自宅にいるので、ビジネスタイムとプライベートタイムの境目が分かりづらくなります。

明確な区切りを入れないと切り替えができずに、ダラダラと過ごしてしまうことになりがちです。

1日のゴールを決める

1日のゴールを決めることも大切です。

ゴールを決めないと、いつまででも仕事に没頭してしまいます。

結果、ご飯も食べずに夜まで仕事…みたいなこともあり得ます。

健康に害を与えかねないので、その日のゴールをしっかり決めて、ゴールまでたどり着いたら、きっかりやめましょう!

お昼休みを決める

1日のゴールを決めることと理由は同じですが、お昼休みを決めないと、ご飯を食べずに1日中仕事…というケースも出てきます。

会社であれば、周りの雰囲気でお昼休み感を感じることができますが、自宅だとそれを感じる事ができなくなります。

自分自身での時間コントロールがマストです。

1日の中で作業場所を変える

作業場所を変える事で、リフレッシュする事ができます。

会社であれば、席を外すことでリフレッシュするタイミングが発生しますが、自宅だと行動範囲が狭いために、気持ちのリフレッシュがしづらいです。

そのため、自宅で仕事をする際は、数時間おきに作業場所を変えると気持ちがリフレッシュできます。

ダイニングで仕事をしたり、リビングのソファで仕事したり、立ちながら仕事したりと、少し変化を加えることで、気分が変わりますよ。

テレワークに必要なもの、便利なもの

続いて、テレワークを実施する際に「必要なもの、便利なもの」をご紹介します。

マイク付きイヤホン

マイク付きイヤホンは、必要なアイテムですね。

テレワークでは、社内MTGや顧客とのMTGはすべて、Web会議となります。PCにもマイクとスピーカーは付いていますが、正直性能がよいとは言えません。

また、自分の周囲の音も拾ってしまうため、雑音が入ってしまい、相手に不快な思いをさせることになります。

マイク付きイヤホンであれば、相手の声はしっかり聞こえ、自分の声もしっかり伝えられるので、ストレスなく集中してWeb会議に臨めます。

マイク付きイヤホンでオススメは、iPhoneに付属しているイヤホンです。
値段も手頃ですので、一つあると便利です。

セカンドディスプレイ

仕事の効率化には、セカンドディスプレイは欠かせません。
特に、Web会議中でセカンドディスプレイは威力を発揮します。

Web会議の画面をセカンドディスプレイに表示させ、PC上の画面では、メモを取ったり、調べ物をしたりとパラレルで作業ができるので、作業効率が格段に向上します。

ヤスケはリビングにあるTVをセカンドディスプレイに使っています。TVだと画面が大きいので、距離をとる必要があります。
そんなとき、長いHDMIケーブルが必要となります。3Mぐらいあると便利ですよ。

なお、ヤスケが使っているTVは、Hisenseというコスパに優れたメーカーのTVです。紹介記事もありますので、気になる方は見てみてください。

飲み物

意外と盲点なのが、飲み物でした。

家には自動販売機がないので、飲みたい時にすぐ飲めるのは、水ぐらいです。

※水やお湯がすぐ飲めるウォーターサーバーがあると便利です。
富士の天然水ウォーターサーバー【フレシャス】

お茶などのドリンクを飲むことが多い人であれば、事前に用意しておくと、快適な仕事環境を手に入れることができます。

ドリンクを入れるコップは、ダブルウォールグラスが便利です。

保温性抜群のタンブラーも便利に使えます。

お昼ご飯

こちらも意外と盲点です。

テレワークでは、通常業務と同様に、お昼休みがあるかと思いますが、休める時間も通常と同じになると思います。

そうすると、1時間程度しか時間がありません。1時間の中で、料理をして食べて片付けをして・・・は、かなーり厳しいです。

そのため、お昼ご飯は事前に準備しておく、もしくはお弁当を買っておくなどすると、お昼休みをゆっくり過ごすことができますよ。

UberEatsを活用するのもオススメです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

テレワークのポイントと、あると便利なものをご紹介しました。

少し工夫をするだけで、テレワークが快適になりますよ。

テレワーク環境を充実させ、新型コロナショックを乗り切りましょう!!

なお、テレワークを1ヶ月やってみて感じたデメリットや課題をまとめた記事もありますので、ぜひご覧ください。

STAY HOME!!

以上、みなさんのお役に少しでもなれたら嬉しいです♪

タイトルとURLをコピーしました