【2022年8月】米国株投資の振り返り 指数(ナスダック、S&P500、ダウ)/高配当ETF(SPYD、HDV、VYM)

こんにちわ。やすけ(@yasukecom)です。

僕は39歳からお金の勉強を開始。
60歳までに資産5,000万円を目標に、日々資産形成に取り組んでいます。

2022年7月の米国株投資の状況を振り返ります。

僕は米国株中心のインデックス積立投資と、高配当ETFのハイブリッド投資をしています。

今は米国一強時代
米国市場の状況を理解すれば、株式投資全体の8割を理解できると言っても過言ではないほど。

当記事では、米国株の週単位での振り返りと、当月のまとめをしています。

僕と同じような投資初級者の方にとって、少しでも役立つ内容になれたら幸いです。

スポンサーリンク

各週の前週比(2022年8月)

2022年8月の前週比表
2022年の前週比グラフ

2022年8月の各週ごとの前週比変化の表と、202年の各週の変化をグラフにまとめました。

8月はマイナスの割合が多く、全体的に下落傾向の月でした。

グラフでも分かる通り、8月に入ってから右肩下がりの傾向が強まっています。

しかも大きな割合での下落。

6月の大荒れチャート後から落ち着いてくるかなと思わせた7月が嘘のように、まだ気が抜けないチャートとなっています。

スポンサーリンク

過去月との比較(2022年8月)

月ごとの前月比(グラフ)

ナスダック:-5.97%
ダウ:-4.51%
S&P500:-4.72%

SPYD:-3.36%
HDV:-2.62%
VYM:-2.62%

オールレッド!

3大指数の下げはいずれも−4%超で大きい数字。

7月の反落といったところでしょうか。

銘柄ごとのリスク比較

指数系の下落率の大きさを比較すると、

ナスダック>S&P500>ダウ

リスク通りのいつもの順番。

主要3大指数で見比べると

ナスダックはハイリスクハイリターン
ダウはローリスクローリターン
S&P500はその中間

僕は真ん中が好きなので、この先もS&P500を信じていきます

高配当系の下落率の大きさは

SPYD>HDV=VYM

でした。

天邪鬼SPYDが最も高い下落率に。

HDVとVYMはなんと同率でした!こんなこともあるのですね。

2022年8月米国株投資のまとめ

2022年8月は、7月にあった株価回復の期待を見事に裏切ってくれた月。

結果的にインデックス系も高配当系も大きく下落。

なかなか厳しい状況が続きます。

株式市場全体では、ロシアのウクライナ侵攻やインフレ、急激な円安などの不安要素が続き、まだまだ気が抜けない状況が続きます。

恐怖指数「VIX」は20前後に一時は落ち着いていましたが、25前後に逆戻り。

引き続き、長い目で見続けつつ、大きなトレンド変化を見逃さぬようにしていきたいです。

以上、みなさんのお役に少しでもなれたら嬉しいです。

僕がお金の勉強をする際に最初に読んだいわゆるバイブル本をご紹介します。
一生お金に困らない「5つの力」
貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う
の基本をまとめた一冊。
とても読みやすく理解しやすい構成になっているので、
お金の勉強を始めようとしている初心者にとってもオススメです。

資産形成株式投資
スポンサーリンク
【プロフィール】
やすけ

歴18年のIT業界人で会社員。

平凡なアラフォー会社員が60歳までに家計管理と投資で準富裕層(資産額5,000万以上)を目指し、2019年9月から株式投資を開始。

米国依存強めのインデックス投資+高配当ETFのハイブリッド投資。

SBI証券と楽天証券のクレカ積立で年間120万円投資中。
積立NISA,企業型DCもフル活用。

スタート遅め資産形成の軌跡(奇跡?)を発信。
マネー系だけでなく、生活を豊かにするための情報もあわせて発信中。

やすけをフォロー
やすけをフォロー
アラフォーからの資産形成
タイトルとURLをコピーしました