【米国株投資】2020年9月のS&P500インデックス、高配当ETFの動きまとめ

この記事は約5分で読めます。

こんにちわ!ヤスケです

2020年9月の米国株投資の状況を振り返ります。

ヤスケは米国のインデックス(S&P500)と高配当ETFのハイブリッド投資をしています。

関係する銘柄をTwitterで日々の状況を呟いています^ ^

当ブログでは、週単位のTwitterまとめと、当月の振り返りをしていきます!!

スポンサーリンク

2020年9月1日〜5日:上がり過ぎた株価の調整

暑い夏も終わり、秋が近づいてきていますね。

さて、2020年9月に入りました。

第1週は、ダウもS&P500も下がりました。

これまで順調に続伸していたS&P500もひとやすみというところでしょうか。

これまで上昇を続けていたハイテク株も下げているので、高くなり過ぎた株価の調整が入ったようです。
(誰が調整しているの?という疑問はありますが。見えない大きな力が働いているんでしょうかね。)

コロナショックなのか、コロナバブルなのか。

株価は経済状況を表す。と考えていましたが、実体経済と株価が乖離することがあるんだなーと。

ここまで株価が上がってしまった要因には、各国(特に米国)政府が経済を立て直すために、金融緩和をして、世の中に出回るお金の量を増やしている事があります。

今後の政府の動きによっては、株価が大きく動く可能性がありますので、冷静にしっかりと見極めていきたいと思います。

2020年9月9日〜12日:みんな仲良く下がって上がって

2020年9月2週目は、米国の祝日もあり、4日間のみです。

この週は、ダウもS&P500も高配当ETFも
みんな仲良く一緒に上がったり下がったりの週でした。

2020年9月15日〜19日:週明けは反発するも以降はジリジリ下げて

2020年9月3週目は、週明け15日に大きく反発。
その後は多少上がる日もありつつも、全体的にジリジリと下落。
結果、週間で見ると下がりました。

さらに、3週間連続の下落で、この状況は約1年ぶりです。

コロナの中でも好調だったハイテク株が、ここにきて売られているようですね。

ハイテク以外はコロナの影響で業績が良くないので、株価が下がるのは当然といえば当然でしょう。

実体経済と株価が合ってきたという事でしょうか。

2020年9月22日〜26日:週後半に少し盛り返し

2020年9月4週目は、週明けは前週の傾向のまま下がりましたが、
週後半は反発して盛り返しました。

週間で見ると、ダウとS&P500は多少上がりましたが、
高配当ETF(SPYD HDV,VYM)は下がっています。

高配当ETFは戻り方が遅いです。

インデックスの方が安定感はありますね。

2020年9月29日〜30日:週後半に少し盛り返し

2020年9月最終週。29日は大きく上がり、30日は反落です。

25日から3日連続の上昇でしたが、やっぱり反落しますね。

3歩進んで1歩下がる!

この繰り返しで、長期では上昇し続けるイメージ!

最後に

本ブログは週単位でまとめていますので、その都度更新していきます。

以上、みなさんのお役に少しでもなれたら嬉しいです♪

以下の本は、僕がお金の勉強をする際に最初に読んだ、いわゆるバイブル本です。
初心者でも、とても読みやすく分かりやすいので、お金の勉強の一冊目にオススメです。

タイトルとURLをコピーしました