アンクルパンツで見せる靴下(ソックス)コーデを成功させるメンズ向けルール

こんにちわ!やすけ(@yasukecom)です。

この記事では、

アンクルパンツを年中使いたくて見せる靴下(ソックス)コーデをしたいけど、なんかうまくできない!

冬のアンクルパンツの素足コーデは寒くて我慢できない

というような、
アンクルパンツ×靴下に対するお悩み

を持つメンズのみなさんに、解消方法をご紹介します。

解消方法のポイントはズバリ!

靴下と靴の色を合わせる
・靴下とパンツの色を合わせる
・靴下の柄をボーダーにする

・めんどくさい人は白い靴下

です。

この後、アンクルパンツと靴下(ソックス)の組み合わせの具体的なパターンをご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

アンクルパンツとは

最近、パンツ丈が短い「アンクルパンツ」が流行っています。

アンクルパンツとは、丈がくるぶしぐらいの、丈短めパンツのことを指します。
くるぶし周辺をすっきりさせることができ、足元のオシャレ感をアップさせることができます。

オシャレは足元から!なんてよく言われますよね。

アンクルパンツは定番の形になりつつあり、日本が世界に誇るファッションブランド「ユニクロ」からも、シルエットやカラー、素材などの違いで、たくさんの種類のアンクルパンツが発売されていますね。

気軽に手に入り、気軽におしゃれ感を出せるのが、アンクルパンツです。

アンクルパンツの弱点

アンクルパンツは丈が短い分、パンツと靴の間に空間ができます。

その空間を埋めるのに、簡単で一番しっくりするのが素肌です。

そのため、靴を履く際は、裸足のままだったり、浅ばきソックスを使ったりして、くるぶし周辺の素肌を見せるコーデが一般的です。(以降、くるぶし素肌コーデとします。)

しかし!!しかし!!!

くるぶし周辺が素肌になるため、気温が低い冬だったり、メンズの場合はビジネスシーンだったり、スネ毛が濃かったりすると、防寒やマナーの面でくるぶし素肌コーデの実施が難しくなり、結果、アンクルパンツの活躍機会が制限されることになります。

この制限により、アンクルパンツを使いたくても使えない方が多いのでは?

何を隠そう私もそんな悩みを抱える一人でした。

スポンサーリンク

靴下を見せるコーディネート

くるぶし素肌コーデの弱点克服

アンクルパンツの活躍機会を増やすため、くるぶし素肌コーデに変わるのが、
靴下を見せるコーデです。(以降、靴下見せコーデとします。)

長さがくるぶし以上の靴下を履くことにより、素肌を隠すことができます。

靴下見せコーデができれば、アンクルパンツの弱点である防寒やマナー面を克服できます。

コーディネート難易度が上がる靴下見せコーデ

靴下見せコーデは、「アンクルパンツ」と「靴」の間に「靴下」という要素が入ってくるため、コーディネートの難易度は上がってしまいます。

「パンツ」ー「靴下」ー「靴」の色のバランスを少しでも間違えると、なんともヤボったい印象になってしまいがちですよね。

そこで、「パンツ」ー「靴下」ー「靴」のバランスを失敗しないための靴下選びの条件を、この後ご紹介していきます。

見せる靴下を選ぶ際に抑えるべき条件

この後にご紹介するいずれかの条件を守れば、
「パンツ」ー「靴下」ー「靴」の色のバランスを大きく崩すことはありません。

ゆえに、靴下見せコーデを簡単に成功させることができます。

靴の色に合わせる

まずは一番簡単な「靴の色に合わせる」です。

靴の色が黒であれば黒色の靴下を、茶色の靴であれば茶色の靴下を・・・
というように、靴の色に合わせた靴下を選びましょう。

靴の色と靴下の色を合わせると、靴と靴下が一体化します。
靴と靴下が一体化することで、パンツとのバランス取りやすくなりますよ。

なお、柄について初心者は、無地のリブソックスをオススメします。

男の人は靴の色は黒が多いと思いますので、靴下は黒を何足か持っておくと安心ですね。

パンツの色に合わせる

次は「パンツの色に合わせる」です。

パンツの色がグレーならグレーの靴下を、ネイビーのパンツならネイビーの靴下を・・・
というように、パンツの色に合わせた靴下を選びましょう。

パンツと靴下の色を合わせるとことで、パンツと靴下の境界線が薄くなり、靴とのバランスがとても良くなります。

なお、柄について初心者は、無地のリブソックスをオススメします。

男の人はグレー系パンツを持っている人が多いと思いますので、靴下はグレーやチャコールを何足か持っておくと安心

柄をボーダーにする

3つ目は少し難易度が上がりますが、オシャレ度をグッとUPすることができる「柄をボーダーにする」です。

最初にご紹介した「靴の色に合わせる」や「パンツの色に合わせる」では、柄については無地をオススメしていました。

柄を無地にすることで無難なコーディネートにはなります。

ですが、ちょっとオシャレ感を出したいときは少し物足りない。

そんなときに柄物を使うことでオシャレ感を出しやすくなります。

アンクルパンツと相性がよい柄物靴下が、ボーダー柄です。

色について、気を付けるポイントとしては、以下となります。
・メインカラーは、「靴の色」「パンツの色」に合わせる
・ボーダー柄は、「モノトーン」か「ベージュ」、もしくは「靴の色」「パンツの色」にする
・ボーダーの幅は慣れるまでは細めにする

上記ポイントを守れば、アンクルパンツの靴下見せコーデ中級者になれますよ!

何も考えずに白い靴下が最強説

これまで色の理論から、アンクルパンツに合う靴下の色を語りましたが・・・

実は白い靴下を使うと、色のバランスもオシャレ感も出せてしまうのです。

街に歩いているオシャレさんの靴下を見ると、白い靴下が多いこと、多いこと。

黒でもグレーでもない靴やアンクルパンツの場合、まずは白い靴下を合わせてみてください。

オススメの靴下屋さんは「Tabio」

ここまでアンクルパンツで見せる靴下コーデを成功させるルールをご紹介しました。

ポイントは靴下の色選びですので、靴下のカラー展開が豊富なお店を知っていると非常に便利ですよ。

シンプルで使いやすい「Tabio」

私も使っていてオススメなのが、靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)です。

日本製で品質も高く、カラー展開も種類豊富にあるので、欲しい靴下が必ず見つかりますよ。

高品質ですので「父の日」のようなプレゼントとしてもTabioの靴下は最適です。

気になる方はぜひ覗いてみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、メンズ向けアンクルパンツで見せる靴下見せコーデを成功させるルールをご紹介しました。

靴下と靴の色を合わせる
・靴下とパンツの色を合わせる
・靴下の柄をボーダーにする

・めんどくさい人は白い靴下

以上の条件のうちどれかを満たせば、アンクルパンツでの靴下見せコーデはOKです。

今回の記事でご紹介した内容をベースに考えると、
以下のような黒、グレー、白の靴下セットを持っているととても重宝します。
ぜひ試してください。

ビジネスでもカジュアルでも大活躍するアンクルパンツ。
靴下見せコーデで、さらに使い倒しましょう!

以上、みなさんのお役に少しでもなれたら嬉しいです♪

オシャレに見えるコーディネートに自信のないあなたのために、有名スタイリストがあなたのため<だけ>にスタイリングしてくれるサービスがあります。

厳格なスタイリスト参加資格で選ばれた国内外で活躍する現役プロスタイリストが、あなたの予算に合わせて、300社以上のブランドの中からあなたのためのコーディネートを提案。最終的に納得したコーディネート一式をあなたに届けてくれますよ。

オシャレな勝負服を手に入れたいけど、自分では難しくて悩んでいる方はぜひ一度お試しください。

【番外編】足元の完全防寒には足ポカシート

素肌を靴下でカバーするだけで
かなりの防寒になりますが・・・

それでも靴下だけでは足元が冷えることがありますよね。

そんなときの最終手段、救世主は・・・

足ポカシート!!

これしかないです。これがあれば足元の冷えはなくなりますよ。

【プロフィール】
やすけ

歴18年のIT業界人で会社員。

平凡なアラフォー会社員が60歳までに家計管理と投資で準富裕層(資産額5,000万以上)を目指し、2019年9月から株式投資を開始。

米国依存強めのインデックス投資+高配当ETFのハイブリッド投資。

SBI証券と楽天証券のクレカ積立で年間120万円投資中。
積立NISA,企業型DCもフル活用。

スタート遅め資産形成の軌跡(奇跡?)を発信。
マネー系だけでなく、生活を豊かにするための情報もあわせて発信中。

やすけをフォロー
ノウハウライフ
スポンサーリンク
やすけをフォロー
アラフォーからの資産形成
タイトルとURLをコピーしました