【モデルナ2回目の副反応】40代男の新型コロナワクチン摂取後経過観察と準備すべきアイテム

この記事は約13分で読めます。

こんにちわ!やすけ(@yasukecom)です。

僕は40歳になる直前からお金も心も豊かな人生を送ることを目的として、60歳までに資産5,000万円を作ることを目標に資産形成に取り組んでいます。

ついに私もワクチン接種2回目を受けることになりました。

職域集団接種のため、モデルナです。

モデルナはファイザーと比べて副反応が強く出るという情報もあり、実際はどうなのかな?と思い体験記をブログに残すことにしました。

私の接種2回目の症状としては

・腕の痛み
・高熱(最高39.1℃)
・頭痛
・倦怠感

がほぼ同時に激しく襲ってきました。

1回目とは比較にならない辛い副反応ですが、覚悟と準備をしておけば乗り越えれます。

これからモデルナ2回目接種を控えていて、不安な方はぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

モデルナ2回目 接種当日

健保の職域接種


ワクチン接種、健保の職域接種でしたが、とてもスムーズに終わりました。

接種場所に着いてからわずか10分程度で終了。15分の経過観察後に帰宅できました。

ワクチン接種経過観察①

ワクチン接種から約3時間。19時。

接種後から保冷剤で冷やし続けてますが、徐々に患部が痛くなってきました。。。

これは1回目同様に痛くなる予感…冷やす意味ないのかな?

ワクチン接種経過観察②

ワクチン接種から4時間。20時。

その後、患部周辺が急激に痛くなってきたので、アセトアミノフェン300mg接種。

接種から8時間。0時。ずっと保冷剤を手に持って冷やしてます。

痛み止めが効いてるからか、腕の痛みは我慢できるレベル。

じんわり痛い。発熱、頭痛はなし。

モデルナ2回目 接種後1日目

ワクチン接種経過観察③

接種から16時間。6時。

何度か起きつつも睡眠は取れていました。

寝る直前に飲んだ痛み止めはすでにきれてるが、腕は何とか我慢できる痛み。

いや、結構痛いな…。

全身がとにかくだるい。熱は37.3℃。頭痛はなし。

ワクチン接種経過観察④

接種から19時間。9時。

38℃。熱出てきました。

発熱と倦怠感と腕の痛み。

頭痛か分からないけど、目の奥も痛い。

氷枕が気持ち良すぎる^ ^

アセトアミノフェン300mg摂取して大人しくしてます。

ワクチン接種経過観察⑤

接種から24時間。16時。

39℃ の発熱と頭痛と腕の痛みでどうしようもない。

つらすぎる。。。

解熱鎮痛剤は効いてるのか?って感じ。

ワクチン接種経過観察⑥

接種から24時間目以降は、長くて辛い発熱と頭痛との戦いに。

解熱鎮痛剤を飲んでから4時間は38℃前後まで解熱されます。

ですが、薬がきれた途端に39℃前後まで上がります。

それとともに頭痛も発生。この繰り返し。

この段階が一番キツかった…

モデルナ2回目 接種後2日目

ワクチン接種経過観察⑦

接種から40時間。

8時に起床したら熱は37℃前後に。ほぼ復活です^ ^

急に良くなりました。

ワクチン接種経過観察⑧

接種から54時間。

丸2日以上経ってますが、微熱は続いてますね。

頭痛や腕の痛みはほぼないんですが、副反応なかなかしぶとい!

モデルナ2回目 接種後3日目

接種後、丸三日経過。微熱もなくなり完全回復!!

健康が一番である事を、しみじみ感じることができた朝でした。

スポンサーリンク

モデルナ2日目副反応のまとめ

病状

私は以下の症状が同時に激しく襲ってきました。

・腕の痛み
・高熱(最高39.1℃)
・頭痛
・倦怠感

いずれも解熱鎮痛剤を飲むことで楽にはなりました。

平熱までは下がりませんでしたが、苦しみが少なくなったので、ワクチン接種を予定している方は、解熱鎮痛剤の準備をしておくことを強くおすすめします。

解熱鎮痛剤について、私はアセトアミノフェン配合の痛み止めを使っていました。

アセトアミノフェン配合の痛み止めは、痛み止めの中でも穏やかな効き目なので、今回のような激しい症状が出た場合は、ロキソニンを試してみてもよかったかな?とちょっと感じています。

モデルナ2回目に準備しておくべきアイテム

最後に、副反応の苦しみを少しでも小さくしてくれるような、事前に準備しておくと便利なアイテムをご紹介しておきます。

  • 解熱鎮痛剤
  • 氷枕×2個
  • 冷えピタ
  • ゼリー状の食べ物
  • アイスのような冷たい食べ物

<解熱鎮痛剤>
熱と痛みを取るためはマストアイテムです。これがないと苦しみ倍増。

<氷枕>
解熱できても、平熱までは下がりません。
熱に慣れていない人は特にマスト。冷たくて気持ちいいですよ。

<冷えピタ>
おでこも冷やせる。ズレを気にしなくて良い。
あるととっても便利です。

<ゼリー状の食べ物>
高熱と頭痛が襲っている時は、立ち上がるのも辛く寝込むことになります。
食欲もあまり出ず。
ですがエネルギーを取らないとより体力がなくなってしまいますので、簡単に食べられるゼリー状の食べ物を用意しておくと、すごく便利です。
僕は、ド定番「ウィダーインゼリー」を食べました。

アイスのような冷たい食べ物
高熱が襲っている時、とにかく体を冷やすと少し楽になります。
氷枕や冷えピタで外部から冷やすこととプラスして、アイスのような冷たい食べ物で内部から冷やすと気持ちいですよ。
同時にエネルギーと水分も取れるので、一石三鳥です。
僕はベッドの上で食べやすい「アイスの実」をよく食べました。すごく美味しかった^ ^

モデルナ2回目の副反応は、1回目と比べ物にならないほど辛かったです。

ご紹介しているアイテムがないと、
さらに辛い状況になりますので、事前にご用意しておくことを心からオススメします。

以上、皆さんのお役に少しでもなれたら嬉しいです。

作者紹介
この記事を書いた人
やすけ

歴18年のIT業界人で会社員。

平凡なアラフォー会社員が60歳までに家計管理と投資で準富裕層(資産額5,000万以上)を目指し、2019年9月から株式投資を開始。

米国依存強めのインデックス投資+高配当ETFのハイブリッド投資。

SBI証券と楽天証券のクレカ積立で年間120万円投資中。
積立NISA,企業型DCもフル活用。

スタート遅め資産形成の軌跡(奇跡?)を発信。
マネー系だけでなく、生活を豊かにするための情報もあわせて発信中。

やすけをフォロー
ライフ悩み解消
スポンサーリンク
やすけをフォロー
スポンサーリンク
アラフォーからの資産形成ブログ
タイトルとURLをコピーしました