【家電を安くお買い得に】エアコンの購入、取付は5月がオススメな5つの理由

この記事は約3分で読めます。

こんにちわ!やすけ(@yasukecom)です。

僕は40歳になる直前からお金も心も豊かな人生を送ることを目的として、60歳までに資産5,000万円を作ることを目標に資産形成に取り組んでいます。

この度、テレワーク部屋の空調を整備するため、エアコンの導入を決定しました。

僕はたまたま5月にエアコンを購入し、5月中にエアコンの取り付け工事も完了。

自分でエアコンを購入したのは初めてでしたが、とてもスムーズにエアコン購入から取付まで完了することができました。

他の時期に購入したらどうだったんだろう?と思い、いろいろ調べたり、工事業者の方のお話を聞いてみるに、エアコン購入は5月までにした方が良い理由が分かってきました。

エアコンの購入時期について悩んでいる方がいましたら、このブログをぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

価格が下がった旧機種が豊富

エアコンは毎年、新機種が登場します。

新機種は、最新機能が搭載されることも多く、やっぱりお高めです。

ただ、1年前のエアコンでも充分な機能を兼ね備えていますよね。

それでもって型落ちということで、価格はかなり落ちています。

機能は充分、価格はおちているので、旧機種はコスパに優れているんです。

エアコン購入がピークになるのは、6月から7月です。

その直前の5月は、旧機種がまだまだ残っている、かつ、6月7月での新機種販売に向け、旧機種の在庫をきれいにするために、キャンペーンなどでさらにお買い得に購入できる可能性があります。

取付工事の予約が取りやすい

前述のとおり、エアコン購入がピークになるのは、6月から7月です。

そのため、エアコンの取付工事のピークも6月7月になります。

上記の期間中は、人が足りなくなるくらいの工事が発生します。

5月はピーク前のため、取付工事業者のスケジュールにはまだ余裕があります。

僕自身も5月に設置工事をお願いしたところ、購入日の3日後にすんなりと工事日が予約できましたよ。

工事熟練者にあたる可能性が高い

エアコンの取り付けには、専門的な知識と道具が必要です。

そのため工事の品質は、工事を担当する方の技術や経験によるところがあります

ピークの6月7月は、工事担当者の人数が足りず、アルバイトなどを一時的に雇って対応している業者もいるとか・・・

ピーク時期を避けることで、同じ金額でも工事の熟練者にあたる可能性が高くなります

工事日の晴天率が高い

工事の日は、晴れていた方が何かと良いです。

エアコン設置工事は、室内と室外の両方となり、家の中と外を行ったり来たりします。

もし雨が降っていると、エアコンや足元が濡れるため、汚れなどに対していつも以上に気を使う必要があります。

特に新築だと、気になって仕方ないですよね。

濡れた場合は、「拭く」という作業も追加になります。

つまり、工事の日が雨だと、業者の方も自分自身も、余計な気遣いや手間が発生しちゃいます

やっぱり雨はできるだけ避けたいですよね。

ピークの6月7月はちょうど梅雨の時期になり、雨の日が多くなります

5月であれば晴天の日が多いため、工事日が晴れる確率が高くなります

工事しやすい気温

5月はまだエアコンがいらない季節です。

そのため、エアコンのない部屋の中で工事をしていても、そこまで汗だくになることはありません。

一方、ピーク時期の6月7月だと…蒸し暑くてたまらないですよね。
きっと汗が溢れ出してきます。

エアコン取付は、空調がない状態での工事です。

気温がちょうど良い季節にぜひやりましょう。

最後に

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

エアコンは季節性が高いため、価格変動が大きめな家電です。
そのため、購入する機種や時期によって、お買得さが変わります。

エアコンは決して安い買い物ではないので、計画的に少しでもお買い得に手に入れたいですね^ ^

またエアコンには、取付工事が必要です。
取付工事をするのは人ですので、その人が気持ちよく工事できる時期を選びたいですね。

そんなことを踏まえると、5月のエアコン購入がオススメです。

以上、みなさんのお役に少しでもなれたら嬉しいです♪

タイトルとURLをコピーしました