【40代からの資産形成】S株(単元未満株)取引に関するSBI証券とネオモバイル証券の比較

この記事は約4分で読めます。

こんにちわ!やすけ(@yasukecom)です。

僕は40歳になる直前からお金も心も豊かな人生を送ることを目的として、60歳までに資産5,000万円を作ることを目標に資産形成に取り組んでいます。

2021年11月1日から、SBI証券のS株(単元未満株)買付手数料が実質0円になりました。

以前から、S株(単元未満株)取引でよく使われる証券会社として、SBIネオモバイル証券があり、僕も利用しています。

今回、SBI証券でS株(単元未満株)買付手数料が実質0円になったとのことで、SBI証券とSBIネオモバイル証券の違いを整理してみました。

この記事が、以下のようなお悩みを抱える方のお役に少しでも立てれば幸いです♪

・S株(単元未満株)取引で使う証券会社を悩んでいる
・SBI証券とSBIネオモバイル証券の違いを知りたい

スポンサーリンク

S株(単元未満株)とは

S株(単元未満株)とは、1株から取引が可能なサービスのことです。

通常、市場で売買するには最低でも100株必要で、この単位を単元と呼びます。
つまり株の取引は単元単位(1単元=100株)でしか行うことができません。

それに対し、S株(単元未満株)とは、1株(単元未満)から取引可能となるサービスです。

1株から取引できるため、少額での取引が可能となります。
投資初心者には嬉しいサービスですね。

ただし、このS株(単元未満株)取引ができる証券会社は限られており、手数料が会社によって違います。

S株(単元未満株)取引をする上では、この手数料の影響が大きく、
SBI証券とSBIネオモバイル証券は、S株(単元未満株)取引を安い手数料で実施できる証券会社です。

SBI証券のS株(単元未満株)取引手数料

まずはSBI証券のS株(単元未満株)取引に関わる費用(税込)を見てみましょう。

・買付手数料:実質無料(取引の翌月下旬頃にキャッシュバックされるため)
・売却手数料:約定金額の0.55%(最低55円)
・サービス利用料:無料

国内株式|SBI証券
株の取引ならSBI証券。現物、信用、PTS、IPO、PO、&#314...

SBIネオモバイル証券のS株(単元未満株)取引手数料

続いて、SBIネオモバイル証券のS株(単元未満株)取引に関わる費用(税込)です。

・買付手数料:無料
・売却手数料:無料
・サービス利用料:実質20(円/月)
 (注)月間の株式取引約定代金合計額が、0円~50万円以下

サービス利用料について|サービスガイド|ネオモバ - Tポイントでのポイント投資はSBIネオモバイル証券
サービス利用料についてのページです。Tポイントでのポイント投資はSBIネオモバイル証券|ネオモバ
スポンサーリンク

SBI証券とSBIネオモバイル証券の比較結果

SBI証券、SBIネオモバイル証券ともに、買付手数料は無料です。

一方、売却手数料については違いがありますね。

SBI証券では、売却手数料は約定金額の0.55%(最低55円)

SBIネオモバイル証券は売却手数料はありませんが、毎月実質20円のサービス利用料がかかります。

SBIネオモバイル証券のサービス利用料が55円を超えるのが3ヶ月であること
SBI証券で、55円以上の手数料がかかる約定金額は1万円以上であること
SBIネオモバイル証券のサービス利用料が上がるのが、月間約定金額50万円以上であること

を考えると、

3ヶ月に1回以上、月間の約定金額1万円〜50万円の売却があれば、SBIネオモバイル証券の方がコスパが良さそう

です。

逆に長期ホールドで売却頻度が極端に低ければ、SBI証券で良さそうですね。
(ただし、約定金額が大きいと手数料は大きくなります。)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました♪

この記事では、S株(単元未満株)取引に関するSBI証券とネオモバイル証券の比較をしてみました。

どちらの証券会社も低い手数料でS株の取引ができます。

ご自身の投資方針に合う証券会社をぜひ選択して下さい。

選ぶポイントしては、以下の2点に当てはまるのであれば、SBIネオモバイル証券をオススメします。
・売却の頻度:3ヶ月に1回以上
・売却の規模:月間の約定金額1万円〜50万円

この記事が、以下のようなお悩みを抱える方のお役に少しでも立てれば幸いです♪

・S株(単元未満株)取引で使う証券会社を悩んでいる
・SBI証券とネオモバイル証券の違いを知りたい

作者紹介
この記事を書いた人
やすけ

歴18年のIT業界人で会社員。

平凡なアラフォー会社員が60歳までに家計管理と投資で準富裕層(資産額5,000万以上)を目指し、2019年9月から株式投資を開始。

米国依存強めのインデックス投資+高配当ETFのハイブリッド投資。

SBI証券と楽天証券のクレカ積立で年間120万円投資中。
積立NISA,企業型DCもフル活用。

スタート遅め資産形成の軌跡(奇跡?)を発信。
マネー系だけでなく、生活を豊かにするための情報もあわせて発信中。

やすけをフォロー
資産形成学び・ノウハウ
スポンサーリンク
やすけをフォロー
スポンサーリンク
アラフォーからの資産形成ブログ
タイトルとURLをコピーしました