投資初心者のサラリーマンがつみたてNISAを!おすすめ投資信託も紹介

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちわ!ヤスケです。

最近の大きな変化として・・・投資を始めてみました!!とはいえ普通のサラリーマンなので、資産はまったくない状態からのスタートです。

これから投資を始めるサラリーマンは、同じ状況からのスタートとなる方が多いと思います。

ヤスケと同じようなサラリーマンで、投資に興味があったり、やるか迷っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

つみたてNISAが投資初心者におすすめの理由

投資を始める際、自分なりに色々と調べた結果、サラリーマンで初心者であるヤスケは、まずはつみたてNISAから始めることにしました。

ヤスケのような初心者から見て、つみたてNISAが始めやすい!と思ったのは、以下の点です。

  • 税金がかからない
  • 長期の少額積立投資
  • 国のお墨付き商品

解説します。

税金がかからない

投資をして利益が出ると、通常は20%程度の税金がかかります。

例えば、100万の株を購入し、売却時110万だった場合、10万円の利益となります。しかしながら、手元に入るのは、税金20%→2万円を引いた8万円となります。

つみたてNISAでは、上記の20%の税金がかかりません‼️利益10万円が手元に入ります。これは利益額が大きければ大きいほどにメリットを感じるでしょう。

また、初心者にとって非課税であることは、実際の利益の計算が簡単で分かりやすく、投資を始めるにあたりハードルが低く感じます。また、複雑な節税のための対策が、とりあえずは不要なのでお手軽です!

ただし、非課税なのは最大20年間までとなることは注意が必要です。

長期の少額積立投資

つみたてNISAは、積立投資が前提です。そのため、毎月決められた額で買い続ける形となり、おのずと長期的な投資になります。

そのため、月1万円のような、これまで続けてきた貯金と同じ感覚で、自分に無理のない金額から始めることが可能です。

ただし、投資できる金額には上限があります。つみたてNISAは、非課税でかなりお得な制度なので、上限を設けないとみんながつみたてNISAやって非課税になり、国が税金取れなくなっちゃいますしね。。。

さて、つみたてNISAの投資額上限ですが、年間40万円です!これが高額なのか少額なのかは人によるかと思いますが、月額にすると約3万3千円が上限となります。このぐらいの金額だと、貯金にまわしている人も多いのではないでしょうか?

初心者でいきなり高額投資!は心配ですよね。その点、つみたてNISAは最大でも月3万円程度まで!という条件ですので、例え、損が出たとしても(長期少額積立の場合、その可能性はかなーり低いですが。)致命的なことにはなりにくいです。

国のお墨付き商品

積立投資をするうえで一番大事なのは、どの商品に投資するか?です。

ヤスケが調べたところ、投資の世界では、優良な商品は一握りしかないとのこと。。。なんと恐ろしいことか。。。

という情報もあり、初心者にとって、商品選びが一番のネックになるかもしれません。

そんな中、つみたてNISAの商品は、金融庁が認めたものとなります。

つみたてNISAの対象商品 : 金融庁
つみたてNISAのしくみや投資について基本から解説します。「つみたてNISA」の対象商品について説明します。

金融庁が認めた=国のお墨付きということになるので、それ以上に安心できる商品はないと思います。

おすすめな商品は…

※お伝えする内容は、個人的な考え方からの「私ならこうする」といったものです。株式投資には元本割れのリスクがありますので、くれぐれも自己責任でお願い致します。

ヤスケがおすすめなのは・・・

  • 手数料が安い
  • S&P500と連動しているパッシブ型(インデックス投資)

の条件を満たしている投資信託です。

上記条件をふまえ、ヤスケは「楽天・全米株式インデックス・ファンド」をつみたてNISAで積み立てています。

2019年10月から開始し、状況は以下の通りです!(2020年2月時点)

現在のところ、順調に資産を増やすことができています。含み損益率が10%を超えています。新型コロナもあったのに、米国株は強いですねー

※2020年4月時点では、含み損が発生しています。ですが、長期投資であれば、必ず株価は戻ります。そして上がります。

つみたてNISAの目標は、こんな感じをイメージしています。

↓↓↓

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

60歳時点で1,500万円の資産ををつくります!

まとめ

ヤスケのような初心者にとって、つみたてNISAがおすすめなのは、以下の点です。

  • 税金がかからない
  • 長期の少額積立投資
  • 商品が安心

つみたてNISAの始め方

最後に、補足情報としてつみたてNISAの始め方をついてふれておきます。

つみたてNISAを始めるには、証券口座を開設する必要があります。

証券口座を持っていれば、銀行に預けるのと同じ感覚で、始めることが出来ます。

オススメの証券口座、開設の方法は、また別記事にて紹介したいと思います!

以下の本は、僕がお金の勉強をする際に最初に読んだ、いわゆるバイブル本です。
初心者でも、とても読みやすく分かりやすいので、お金の勉強の一冊目にオススメです。

以上、みなさんのお役に少しでもなれたら嬉しいです♪

タイトルとURLをコピーしました