【40代からの米国株投資】2021年4月の指数系/高配当ETFの振り返り

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちわ!やすけ(@yasukecom)です。

2021年4月の米国株投資の状況を振り返ります。

僕は米国株中心のインデックス積立投資と、高配当ETFのハイブリッド投資をしており、Twitter上で日々の状況を情報発信しています^ ^

当記事では、週単位での振り返りと、当月のまとめをしています。

投資初級者目線での分かりやすい表現を心がけています。

僕と同じような投資初級者の方にとって、少しでも役立つ内容になれたら幸いです。

スポンサーリンク

4月各週の前週比

2021年4月の各週ごとの前週比変化を表にまとめました。

指数系と高配当系の特徴がよく分かりますね。

2021年4月5日週 米国市場振り返り

指数系は、先月に引き続き好調な1週間でした。

長期金利も落ち着いており、ハイテク株も買われました。

S&P500は4,000を超えた後、反落することなく堅調。

強い!

一方、高配当系は4/8にガクッと下がり、

その後は回復しつつも、前週比では厳しい結果に。

2021年4月12日週 米国市場振り返り

指数系は前週に引き続き、好調な1週間。

ダウとS&P500は、最高値を更新し続けました。

高配当系も好調。

全体的に好調過ぎて、気になるぐらい。

反落に備えておきたいですね。

2021年4月19日週 米国市場振り返り

指数系は週中で大きく下落したものの、前週比ではほぼ変わらない結果。

高配当系も似た傾向ですが、 HDV は戻りが鈍い。

3月減配したこともあり、HDVの調子はいまいちですね。

2021年4月26日週 米国市場振り返り

指数系は下落、高配当系は上昇。

はっきり分かれました。

最高値を出した SPYD は3週連続上昇中。

コロナショック時は、かなり値下がっていましたが、損切りせずホールドしておいて良かった^ ^

2021年4月まとめ

2021年4月は、高配当のHDV以外は順調に上昇しました。

ダウとS&P500は最高値を更新し続け、S&P500は4,000の大台に。

米国市場の強さを改めて感じます。

ただし、ワクチン接種が進み経済活動が戻りつつあるので、お金の流れが景気敏感株へ変わる可能性もあります。

今後の大きなトレンド変化を見逃さぬようにしていきたいですね。

以上、みなさんのお役に少しでもなれたら嬉しいです。

以下の本は、僕がお金の勉強をする際に最初に読んだ、いわゆるバイブル本です。
初心者でも、とても読みやすく分かりやすいので、お金の勉強の一冊目にオススメです。

タイトルとURLをコピーしました